社会的なインパクトの評価指標
 Social Impact Score®(SIS)のご説明

 
 ソーシャルベンチャーの価値を評価算定する「ソーシャルインパクト指数 (Social Impact Score ®, SIS)」は、従来のSROI(社会的投資収益率)に比べ、使い易さと効果を大幅に改善するものです。 

 この指数は、5つの指標《①社会的課題の深刻さ、②投資対効果(修正SROI)、③地域・産業への波及効果、④スピード、⑤経営基盤・持続性》から構成されております。 この指数を活用することで異なるソーシャルビジネスを比較したり、価値の変化を算定したり、将来のポテンシャルを評価することが可能となります。

 ソーシャルインパクト指数 (Social Impact Score®, SIS)の利用法として、以下の3点が挙げられます。

  • 異なるソーシャルビジネス同士が比較できる
  • 時系列でのソーシャルビジネスの価値の変化が比較できる
  • 現時点だけなく、将来のポテンシャル評価ができる

→詳しくはこちらにお問い合わせ下さい。

 

■活用例

活用例① 社会的企業の中間支援団体のケース...
     社会的企業の中間支援団体が助成対象団体を決定をする
     際の評価および、助成対象後の成果のとりまとめなどに
     活用。

活用性② 企業のCSR部門のケース...
     企業のCSR活動の社会に与える効果を見える化し、費
     用対効果を考える際のデータとして活用。

活用性③ 被災地を支援する任意団体のケース...
     任意団体が、被災地の支援活動において、どのような支
     援がその地域、人に与える効果が高いかを検証するため
     に活用。

活用例④ 国・地方自治体のケース...
     行政がおこなった補助金・助成金が実際にどれくらい社
     会に効果を与えたか費用対効果を測定し、行政のお金の
     使い方の検証に活用。

→詳しくはこちらにお問い合わせ下さい。

 

 

sii01
sii02
sii03
sii04
sii05